医師のパートのメリット

パートとしての医師

職業

医師でもパートで働ける

医師は患者さんの生死の場面に立ち会うことが多く、いつでも病院に待機しているというイメージがあります。しかし、最近では女医も増加傾向になり、その職員も出産や育児を経験することも増えてきたことから、常勤ではなく、パートという働き方をす医師も出てきました。働き方が多様化すると女性職員の離職も減少し、パートという短時間勤務や子育て中の優遇制度を利用して病院も働きやすい職場を作るようになってきています。

医師はパートでも働いています

近所のクリニックは、おじいちゃんの先生が一人で診察しているのかと思ったら、週に1回だけ若手のイケメンの先生が来ていた、などという経験がある人もおられるのではないでしょうか。大学病院に勤務する医師の多くは、「外勤」と言って、近隣の民間病院やクリニックにパートに出かけます。パートの時給は、1時間1万円ほどです。大学病院では、医療が細分化されていて内科も消化器内科、循環器内科といった具合に細かく分かれています。クリニックでは、内科全般を診察することができるので、視野が狭くならないためにこのような外勤もとても医師

↑PAGE TOP