医師と社会的地位とは

医師という職業は

職業

医師の社会的地位について

社会的に地位の高い職業の一つは医師だと言われています。その理由としては、なりたいと思って勉強していても、必ずしも誰もがなれる職業ではないということ、大切な人の命に関わる仕事内容であること、他のどの学部よりも高い学力が必要とされる医学部に入学し、さらに勉強や研修を重ね、医療に関する幅広い知識と手術等の技術を身に着けなくてはならないということ、などといった理由があります。社会的地位とは絶対的に決まっているものではなく、人それぞれの考え方によっても意見は変わるはずです。ですが、医師は昔から多くの方にとって尊敬できる職業であり、いざという時にとても頼れる存在です。一人前になるまでにはとても長い期間が必要で、いざ現場に出ても自分の判断次第で患者さんの人生が決まってしまうといっても過言ではありません。そのような重い責任を伴う職業であるために、絶対的な社会的地位と、仕事に見合った高い報酬が約束されています。

社会的地位はどれくらいなのか

医師は学歴もあり金持ちといったイメージがあり、人の命を救う重大な任命を背負った職業のため社会的地位はトップクラスですが、職種がハードであり、当直もあり、体力勝負といったことが少なくないです。医師と言っても、人の体を診るだけではないです。大学や研究機関で研究をしている方も多いです。また大学では基礎系といった臨床系とは別の学問を専門にしながら研究をしています。行政に関しては公衆衛生といった職務に就いている方もいます。医師という職種は幅がひじょうに広いため、給料体系も職種によってさまざまですので、お金持ちといったイメージは払拭しほうがいいです。かっこいいとか地位がいいといった理由から魅力ある職業と思ってしまうと大きな間違いです。魅力ある職業でしたら他にもたくさんあるからです。上記のどの職種にも言えることは、ねばり強く専念し、人の気持ちをよく理解できることです。そのような考えを持った人がめざすべき職業だと言えます。

↑PAGE TOP