医師の在宅勤務について

医師の在宅勤務は

職業

医師が在宅勤務をするメリット

医師が在宅勤務をすると、意外と忙しい、子育てもできるなどのメリットが存在します。家を拠点として各地に点在している患者の所へ向かうため、始めてみると忙しいと感じてもおかしくありません。あと、在宅でもあることから、自身の子供の面倒を見ることも可能です。デメリットは給料がそれほど高くないことです。病院勤務に比べると、患者の応対数が少ないため給料は自然と下がってしまいます。ただ、子育てをしながら医師として働けるため、気にしなくていいです。

医師による在宅医療の今後

少子高齢化社会が進行している中で、在宅医療の重要性が増しています。病院のベッドの数が足りなくなってきており、病院で最後を迎えるのではなく、自宅の布団で最後の時を迎えるという高齢者が今後は増えていくでしょう。そのような状況で、医師による在宅医療の需要が今後は増していくと考えられています。医師の不足なども問題になっていますが、病院で働く方はもちろん、自宅まで訪問をしてサービスができるような人材が求められるようになるでしょう。

↑PAGE TOP