医師の男女比はどのくらい

医師の男女比に関して

職業

医師の男女比の移り変わり

医師といえば難関大学の入試を突破し、長い間勉強した結果やっと慣れる職業というイメージもあり、どちらかといえばほとんどが男性であるといった傾向がありましたが、現在では女性の医師も増えてきており、男女比は年々バランスが良くなってきています。医学生の中でも大学により違いはありますが、おおむね3割程度の学生を女性が占めています。しかし、女性の場合は結婚や育児により仕事を継続することが難しいこともあるという問題もあります。

医師の男女比について

医師の男女比は診療科によって大きく違いがあります。男性医師が多い診療科は、内科(消化器内科、循環器内科、呼吸器内科)・外科(消化器外科、脳神経外科)・整形外科・泌尿器科・耳鼻咽喉科などです。反対に女性医が多い診療科は、漢方科・内分泌科・婦人科・眼科などです。同じくらいの男女比であると言えるのは皮膚科・小児科です。診療科によって女性が多い科は存在するものの、総合的に見ると圧倒的に男性が多いのが実情です。反対に看護師では、存在するものの男性看護師にはなかなか出会えません。

↑PAGE TOP