医師の業務とパソコン

医師もパソコンを使用

職業

医師にはパソコンも必須

最近の病院はオーダリングシステム化が進み、薬の処方をするのもカルテを記入するのもパソコンでというところが増えています。そのために医師がパソコンを操作できることが当たり前になってきています。また病棟の患者の診察や治療をすることが主な仕事ですが、時には学会に出席をしたり、論文をかいたりという仕事もあります。このような時には、もちろん情報収集をしたり、データ分析するため操作ができる必要が医師にあります。

医師に必要なパソコン操作

医師という職業柄、事務と異なり、ワードやエクセルなどの一般的なパソコンスキルは必要ないと思われる方もいるかもしれません。医療機関では、電子カルテを使っているところも増えてきており、日々の記録類にパソコン操作が必要です。また、普段の診療行為以外の面、学会での発表ではパワーポイントが必要ですし、その学会提出のための資料や統計業務にはエクセルを使う機会が多いです。他の職種同様に、医師にとっても重要なスキルなのです。

↑PAGE TOP