麻酔科が行う治療とは

麻酔科の仕事について

職業

麻酔科で行う疼痛コントロール

麻酔科と聞くと、誰しも外科的な手術を思い出します。この科で開業しているクリニックの一番の強みは疼痛のコントロールを非常に的確に行えることです。身体のどの部分でも痛みがあると日常生活に支障をきたし、思い切り楽しむことも仕事もできません。痛みにはレベルがあり、そのレベルに合わせて治療法があります。具体的な麻酔科での治療法は、神経ブロックなどの局所麻酔や、注射や点滴による治療、内服薬での治療法などがあります。

麻酔科の仕事について

麻酔科は麻酔を専門にして手術や感染といったストレスになることを和らげています。患者の全身状態をしっかりと管理することで、安全に施術できる環境を作り患者の命を守っています。日々進歩する医療の知識を吸収することが大切です。日本では麻酔科医が不足している、国内で行われる手術に対して圧倒的に少ないです。過重労働は注意力や判断力の欠如につながり、患者の命に関わるので、人材不足の中で自分の健康管理をすることが求められています。

↑PAGE TOP