麻酔科の存在は大切である

麻酔科は必要不可欠

職業

麻酔科で対応できる痛みの種類

麻酔科は診療科の中で一般的にはあまりなじみのない科です。痛みのコントロールが必要な病気の場合、診察を受けると痛みが取り除かれ快適な毎日を過ごすことが可能です。総合病院にはもちろん単独の科として存在していますし、個人でクリニックを開業している医師もいます。痛みのコントロールは整形外科の膝や肘の痛み、外科の手術後の一時的な痛みや腫瘍などが神経を圧迫した痛みがあります。麻酔科ではどの痛みに対しても対応が可能です。

麻酔科医は救命センターに配属

麻酔科医といえば手術の際の麻酔管理が主な業務です。しかし救命センターを併設しているような大きな病院では麻酔による全身管理が必要とされる救命センターへ配属されるケースが多く見られるようです。日本では麻酔科医の数が少なく、負担は大きなものとなります。そして救急車で搬送されてきた患者の緊急オペや夜間診療に訪れた重症患者など突然の対応に腐心することになります。そのため救命という観点でのやりがいは、他の科と比較してもトップクラスでしょう。

↑PAGE TOP